ニューフェイス 2016/7/24


先日、といっても先週ですが

新しい仲間が増えました




コンパクト フラッシュ カード

CFカード

これを購入しました

最近のデジカメのメディアというと

SDカードが主流になってきましたね

あとはCFカードより速いCFastが登場しています

CFカードのUDMA7の転送速度は166MB/sですが

CFastは600MB/sだそうです

あくまでも理論値ですが…

理論値にせよ単純に4倍弱もしくは3倍強になっていますね

SDカードも進化していまして

SDHCやSDXCもあります

Class10は10MB/s





最後に

右側は今まで使っていたCFカード 規格は同じみたいですね

いまはまだありませんが

将来デジタルカメラを新しいものに交換するような場合

SDカードのみ2枚 だとお困りますが…

まあ最近のメモリーの価格が以前のん分の1に下がっているので

手が届きますね



昔使っていたCFカードが出て来ました

当時はそこそこ値段はしていました



ちなみに

上のCFカードを使うとRAWで何枚撮影できるか調べてみると



1GBですと37枚のRAW画像が撮影できます

512MBだと17枚でした…

1GBのCFカードと社長さんが使用されている36枚撮りのフイルムと同じ枚数撮れるという事になります

ただし、RAWで撮影する場合

データの内容により表示枚数より多く撮影することが出来ます

例えば夜中の星の写真などは情報量が少ないので多くなると思います。

黒い部分が多いので



結構、買っていましたね


ちなみに1GBのカードでJPEGにして撮影すると146枚写せます。36枚撮りのフイルム4本分に相当します


<<戻る>>